グランドピアノアクション

 

グランドピアノ アクションの各名称

 

現在のグランドピアノのアクションには、主にシュワンダータイプとヘルツタイプの2種類が存在します。
下のアクション図はヘルツタイプのもので、スタインウェイ、ヤマハ等のメーカーが採用しています。
 
 
 

 

♪   ♪   ♪   ♪   ♪

ベーゼンドルファー・カワイ(ディアパソン)は長年シュワンダーアクションを採用してましたが、 1980年代以降?随時ヘルツタイプに変更しています。シュワンダータイプはすでに過去のものになりつつあります。。。
(1960年代ごろまでは、ヤマハもシュワンダータイプでした)
 
 
 

 

 

*ウィッペンアッセンブリーの違い

上はニューヨークスタインウェイ(1930年代)
下はヤマハ現行のもの。

ニューヨークスタインウェイのグランドピアノ
アクションの意匠は、20世紀初頭から現在まで
ほぼ変わっていないが、一度だけ大きな変更が
過去にありました。
1962〜82年の間ニューヨークスタインウェイ
にはテフロンブッシングが使用されてましたが、
このブッシングにはノイズ等の様々な問題点が
あり、結局クロスブッシングに戻されました。
(ブッシングとは、画像にある各パーツの回転部
の軸を受けている赤いクロス部分を言います)